親知らず(親不知)について

お口の中の最も奥にある歯を親知らずといいます。
親知らずは最も遅く形成される永久歯ですが、退化傾向にある歯のため、人によっては親知らずがはじめから存在しない場合もあり、数についても上下左右の4本揃っている限らず、形も大きさも様々です。
また、親知らずは歯列の一番奥で形成されるため、萌出するスペースが狭い関係上、生える方向が悪いことが多く、骨の中に埋まっていたり、途中で萌出が止まってしまうことが多い歯で、下顎では、斜めになったり、真横に生えてたりする歯が多く、上顎では歯並びからはずれて外側を向いた歯が多いです。
そのため、親知らずによって、次のような様々なトラブルが考えられます。
上記掲載のトラブル例は、あくまで、親知らずが引き起こすトラブルの一例です。
親知らずが完全に歯肉の中に埋まった状態でも起こりますので、生えていなくてもこれらの症状が起こる前に抜歯をしておいたほうがいいといえます。
また、炎症が強い方は、早期の治療をお勧め致します。
炎症が拡大して喉の方へ炎症が波及したり、また、口が開きにくくなったり(開口障害)、顔が腫れあがることもあります。
アクセス 電話予約 無料相談

親知らずの治療での注意点

親知らずは最も奥にある歯ため、人によっては抜歯によって上顎では上顎洞へ穴があいたり、下顎では顎の中の神経を傷つけて口唇などの知覚障害が出ることがあります。

そのような状態にならないためにも、必ずレントゲン・CT等にて親知らずの状態を確認する必要性があります。神戸市灘区のうしじま歯科クリニックでは、CTを備えておりますので、通常のレントゲンでは分かりにくい歯と上顎洞や顎の中の神経との3次元的な位置関係を術前に詳しく調べて抜歯することが可能です。

また、手術時に、ご希望の方には、静脈鎮静を利用して、眠っているような感じのうちに治療を終えることができますので、安心してご来院頂けます。 神戸市灘区のうしじま歯科クリニックでは、親知らず処置をはじめ口腔外科にも対応しておりますので、口腔外科をお探しの方は、是非、うしじま歯科クリニックへご来院下さい。
アクセス 電話予約 無料相談

うしじま歯科クリニックスマホコンテンツ

診療科目案内 当院の方針 院長&スタッフ紹介 院内・設備紹介 アクセス スタッフ募集案内 無料メール相談
アクセス 電話予約 無料相談

うしじま歯科クリニック所在地&診療時間
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックの診療時間
PC用サイトを表示する