プラセンタとは・・・

「プラセンタ」という言葉をご存知ですか?
プラセンタから抽出したエキスは、肝機能障害等の治療や滋養強壮を目的とした医薬品として用いられてきました。

ところが、古くから医薬品として用いられてきたにも関わらず、プラセンタの詳しい成分や働きについては、長い間わかっていませんでした。しかし近年、バイオ・ゲノムテクノロジーの著しい発達によって次第にそれらが明らかになり、疲労回復や抗アレルギー作用、美肌作用、抗老化作用など、幅広い分野に効能があることがわかってきました。

最近では美容や健康維持を目的として自由診療の領域で、その有効性が注目を集めています。また、医療の世界だけでなく、健康食品や化粧品としても、プラセンタエキスを積極的に使ってみたいという方が増えてきています。

プラセンタとは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割を持った「胎盤」のことです。
プラセンタ

お母さんから赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素の供給の仲立ちをするのはもちろん、まだ発達途中の赤ちゃんの内臓に代わって消化や排泄をしたり、ホルモン分泌を行ったり、病気にかかりにくくするための免疫を与えるなど、赤ちゃんがおなかのなかで健やかに成長するために、プラセンタは実にさまざまな働きを担っています。

一方、プラセンタは、細胞の増殖・再生をコントロールする物質「細胞増殖因子(グロース・ファクター)」を合成・分泌する臓器でもあります。細胞増殖因子がなければ、細胞は新たにつくられることはありません。

わずか10ヶ月ほどの妊娠期間に、たった1つの細胞から40~60兆個の細胞をもつ赤ちゃんが育つのは、ほかでもないプラセンタがつくり出す細胞増殖因子のおかげなのです。
もともとは赤ちゃんと同じ1つの受精卵から分かれてできたものでありながら、すべての細胞をつくり出すための遺伝情報をもったプラセンタは、まさに“母なる臓器”と言えるでしょう。

そして、いよいよ赤ちゃん誕生のとき、プラセンタはその役割を終えて体外へと送り出されます。使命を果たしたとはいえ、その時点でもプラセンタは豊富な栄養と、各種有効成分を含んでいます。出産直後から生きていくために働き、外敵から身を守らなければならない動物のお母さんは、栄養豊富なプラセンタを食べることで体力を回復します。動物たちは本能でプラセンタの力を知っているのでしょう。

また、プラセンタを注入すると、全身の細胞が活性化され、細胞レベルから若返りが期待されます。もともと医療の現場では、肝炎や更年期障害の治療に使われてきました。日本国内では、50年前から行われている治療法です。

アクセス 電話予約 無料相談

プラセンタの効果

幅広い分野で効能が認められたプラセンタ

漢方医学には、「肝臓の調子が悪いときには動物のレバー(肝臓)を食べるとよい」というよに、自分の不調な部分と同じ動物の部位を食べると回復するという考え方があります。患部に不足した栄養素や酵素、細胞の再生に必要な情報を与えてくれる有効成分などを補給するのに、非常に効率的な方法であるといえます。

では、とくにどの部位に不調や痛みを感じるわけでもないのに、何となく全身がだるい、肌荒れがひどい、気分や体調がすぐれないというときには、一体どうしたらよいのでしょう。はっきりと原因がわかっている病気以外にも、私たちのからだや心は不調を感じることが多々あるものです。

実は、こんなときこそ試したいのがプラセンタです。プラセンタには、人のすべての細胞をつくり出すために必要な情報と栄養素が含まれています。実際、プラセンタかた抽出された様々な成分は医薬品として販売されており、肝臓機能の改善や更年期症状の改善、滋養強壮など、幅広い効能が認められた数少ない成分なのです。

科学の進歩により、プラセンタに含まれる有効成分が女所に解明されつつあります。しかし、それらの成分はプラセンタ特有のものが多く、他の物質でプラセンタの代わりになるものはありません。プラセンタの重要性は、今後もますます高まっていくことでしょう。

プラセンタの効果としては、次のようなものがあげられています。 また、具体的な効果として、 美白、しみ、しわ、肌荒れ、にきび、皮膚の老化防止などに効果があります。

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患にはじまり、高血圧や糖尿病、ガンなどの生活習慣病、肝炎、肝機能障害、リウマチや更年期障害、不妊症、生理不順、冷え性などの産婦人科疾患、老眼や白内障、自律神経失調症、貧血、肩こり、歯肉炎・歯周病などの歯科疾患、慢性疲労症候群などに高い効果が認められます。

アクセス 電話予約 無料相談

歯科治療とプラセンタについて

臨床調査が日本で行われました。歯肉炎、歯周病、アフタ性口内炎、顎関節症に悩む852人にプラセンタ注射が行われました。その結果は、75%以上の患者さんに効果があり、プラセンタが歯科、口腔領域でも有効であるとの結論を得ました。
当院では、歯周病や慢性の炎症性疾患、口内炎、抜歯や外科手術後の治癒促進を目的に行っております。インプラント手術後も炎症が少なく、術後の疲労感も少ないようです。

アクセス 電話予約 無料相談

うしじま歯科クリニックスマホコンテンツ

診療科目案内 当院の方針 院長&スタッフ紹介 院内・設備紹介 アクセス スタッフ募集案内 無料メール相談
アクセス 電話予約 無料相談

うしじま歯科クリニック所在地&診療時間
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックの診療時間
PC用サイトを表示する