アマルガム水銀は神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ!アマルガム水銀対応の歯科医院にも対応しております。

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
無料カウンセリング予約
当院のご案内
スマホサイト 無料カウンセリング
無料メール相談

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)
うしじま歯科クリニック

自由診療
  • 虫歯治療
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ノンメタル
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 顎関節症
  • 噛み合わせ
  • 歯ぎしり・クレンチング
  • 口腔外科
  • 歯根治療
  • 歯肉の内視鏡ペリオスコープシステム
  • 歯周病治療
  • 口臭治療
  • いびき予防
  • 予防歯科
  • 3DS
  • アマルガム水銀除去
  • プロによる歯のエステ
  • アンチエイジング
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)
うしじま歯科クリニック

無料カウンセリング
無料メール相談
求人情報 スルガ銀行デンタルローン
アマルガム除去
トップページ > 診療内容 > アマルガム除去
大変危険なアマルガム
アマルガム水銀について
アマルガム症例写真ご自身のお口の中に、
右の写真のような銀の詰め物はありませんか?

もし、銀色でふちが黒ずんでいる歯の詰め物があったら、それはアマルガムの可能性が高いです。

右の写真の金属は「アマルガム」といいます。
アマルガムの約50%は水銀です。

水銀は水俣病の原因となった重金属で、口腔内で容易に気化・蒸発し、全身に運ばれ、特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されていく、身体に害がある金属なのです。

これまでにアマルガム水銀は、そのよう金属なのに「なぜ歯に使われるのか?」
理由は、アマルガムは加工が容易で殺菌性に優れているためです。

最近の歯科ではめったに使われなくなりましたが、歯の詰め物の材料として虫歯治療などに多く使われていました。そして、今日でも日本政府公認の歯科補填材料なのです。

もし、皆様のお口の中に、アマルガム水銀の詰め物がある場合は、身体に害があるため除去されることをお勧め致します。

なぜなら、水銀は「人体に有害な重金属の中でも神経毒性の強い物質」だからです。
その為、アマルガムを規制する動きが各国で進んでおり、1987年にスウェーデン政府が妊婦にアマルガムの詰め物をしないよう警告を発表し、1998年にはイギリスでも同様の発表がされ、スウェーデン、イギリスでは使用禁止になりました。米国では、アマルガム関連の訴訟が増えているのが実情です。

アマルガムがどれぐらい有害かを次にお伝えします。


アマルガム水銀除去は神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ!アマルガム水銀除去対応

 


アマルガムは、どれぐらい有害なのか?
水銀は「人体に有害な重金属の中でも神経毒性の強い物質」であり、
非常に毒性の強い、液体である唯一の重金属で毒物と指定されています。
先にもお伝えしたように、アマルガムの約50%が水銀です。

アマルガムは、簡単な刺激で気化して水銀がばらまかれます。
水銀は25°を超えると沸騰するため、歯に埋め込まれたアマルガムも熱い食べ物や飲み物によって、アマルガムに含まれている水銀が簡単に蒸発し、体内に蓄積されてしまうのです。

つまり、水銀が入っているアマルガムが口腔内にあることによって、引き起こされる症状は下記のように多岐にわたります。
水銀蓄積に関連する疾患
主な慢性疾患

喘息、自閉症、発達障害、チック、アトピー、掌蹠膿胞症、シェーグレン症候群、腎障害、肝障害、リウマチ(関節炎)、うつ病・睡眠障害、貧血、副腎疲労、低血糖症、糖尿病、高脂血症・肥満・高血圧、多発性硬化症(MS)、パーキンソン病、不妊(男女共)、視力・味覚・聴力・嗅覚障害、アルツハイマー、原因不明の痛み(肩こり・頭痛)、心血管障害、甲状腺疾患、その他多数・・・

歯科疾患

口臭、歯痛、口内炎、歯肉炎、歯周病、歯髄炎、歯ぎしり・噛みしめ、根尖病変(神経のない歯の炎症)、顎関節症、多発性齲蝕、金属アレルギー、歯列不正、舌炎、唾液過多・過少、顎変形症


また、慢性水銀中毒の症状としては、以下のような症状が挙げられます。
慢性水銀中毒の症状
神経システム

集中力低下、記憶喪失、不眠、抑うつ、不安、振戦、四肢のうずき、香りと味(金属味)、原因不明の灼熱感やしびれ、痛み、頭痛、疲労感、耳鳴り

免疫システム

慢性のウイルス、細菌または真菌の頻繁な(カンジタ)感染症、自己免疫疾患、アレルギー/過敏症

心臓・血管系

不整脈、高血圧、心筋症

皮膚

アトピー性皮膚炎、アレルギー

内分泌系

甲状腺機能低下症、低血糖症、副腎疾患、不妊症

消化器系

フードアレルギー、細菌・真菌の異常増殖、再発性寄生中感染症、腹部痙攣、過敏性症状

全身性

早老、疲労、繊維筋症、免疫力低下

現在、あらゆる医療から水銀使用の撤廃への動きがあり、対象は、体温計、ワクチン、消毒剤も含まれています。それほど、水銀は有害な金属であるため、口腔内のアマルガムを除去されることをお勧め致します。

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科では、アマルガム水銀除去に対応しておりますので、お気軽にご相談・ご来院下さい。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ




アマルガム除去の環境
アマルガムを取る時、アマルガムを削ります。つまり、水銀がその時に飛び散るということです。

身体のことを思ってアマルガムを除去しようと思っても、除去する時に飛び散った水銀を大量に体の中に取り込んでしまっては意味がありません。安易な除去は体調不良や水銀中毒を起こす恐れがあります。

アマルガムを除去する時には、患者様の口に削った水銀が飛び散り、誤って飲み込んでしまわないよう、ラバーで口の粘膜をガードしてアマルガムを除去します。他にも削ったアマルガムを吸引する際に2種類の器機を使い、身体を守るために万全の体制でアマルガムを除去します。

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科では、万全な体制でアマルガム水銀除去を実施しておりますので、安心してご来院下さい。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ




アマルガム除去の料金

血液検査

1回/¥15,000

アマルガム除去の前と後と2回検査することで
数値の変化がより良く分かります。

G6PD

¥10,000

院内即日結果。
約5分で結果が出ます。

高濃度ビタミンC点滴

¥10,000

免疫力アップして水銀に対して抵抗力を高めます。

1本目の
アマルガム除去

¥25,000

患者、術者とも完全防備

同日に複数除去する
場合の追加料金

1本当たり¥5,000

同日で除去できる本数は
1ブロック2〜3本が限度です。



書籍のご紹介
アマルガム症例写真アマルガムに関して多くの本が出版されていますが、その中でもアマルガムについての研究に人生を捧げた、「ハル・ハギンズ博士」の本は一番わかりやすいとされています。

待望の翻訳版が昨年出版されています。
ご参考にされてください。

多くの歯科医師はアマルガムは安全だと言っています。

果たして本当でしょうか?

この本には真実が書かれています。是非ご一読くださいませ。


  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニングなどは、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ


  • 神戸六甲矯正テクニカルセンター
  • 神戸六甲インプラントテクニカルセンター

神戸市 ホワイトニング

神戸市 歯科医師・歯科衛生士求人情報/うしじま歯科クリニックでは、歯科医師・歯科衛生士を募集しております。


うしじま歯科クリニック運営ブログ
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、随時、歯科医師・歯科衛生士を募集しております。歯科医師の方は、当院へお勤め頂くと矯正治療やインプラント治療についての内容を深く学べると思います。神戸市はじめ近隣の市で歯科医師・歯科衛生士で求職されている方は、是非、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへご応募下さい。
一緒に患者様に喜ばれる地域密着型の歯科医院(歯医者)を創っていきませんか?
下記のバナーをクリック頂き、まずは求人・募集要項をご確認下さい。
神戸市 歯科医師・歯科衛生士求人情報
矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニングなどは、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ

歯科医師・歯科衛生士求人情報